クレオ(土屋淳一社長)は7月28日、基幹業務パッケージ「ZeeM」シリーズに、月額利用料方式のサービスデスクASP「ZeeM サービスデスク」の提供を開始したと発表。利用料は月額2万5000-30万円で、別途初期費用が掛かる。

 「ZeeM サービスデスク」は、企業内の情報システム部門を対象にIT全般統制を支援するASPサービス。インシデント管理や問題管理、変更管理やリリース管理、構成管理などを個別のワークフローに基づいて定義することで、運用サポート業務のスリム化と確実な変更証跡管理を支援する。

 今回、対応負荷が高まっている運用サポートが手軽に利用できるよう、法人向け基幹業務パッケージ「CBMS ZeeM」シリーズのユーザー以外でも、単独で使用できるように、インターネット経由でソフトウェアを使用するASP形式を採用した。