マイクロソフトは、優秀なITベンチャー企業を表彰するアワードプログラム「Microsoft Innovation Award 2008」の優秀賞を発表した。

 「Microsoft Innovation Award 2008」は、マイクロソフトの製品・技術を活用して、イノベーションを生み出そうとするIT企業や起業家などをサポートすることを目的に推進している。「マイクロソフトITベンチャー支援プログラム」「インキュベーションプログラム」を中心に、独自のアイデアでビジネスを立ち上げたITベンチャー企業を表彰。研究や技術・マーケティング支援、グローバルビジネス展開をサポートする。今回が2回目の実施。

 優秀賞の受賞企業は、(1)アプレッソ(2)ジースポート(3)ストローハット(4)ビバコンピュータ(5)ユニバーサルロボットの5社。今後、マイクロソフトが8月26日-29日まで開催するテクニカルカンファレンス「Microsoft Tech・Ed 2008 Yokohama」での投票などで、優秀賞受賞企業を再度審査し、そのなかの1社を最優秀賞受賞企業として表彰する。11月の「イノベーションデイ」で授与式を行う予定。