伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)、マイクロソフトの3社は8月27日、マイクロソフトのサーバー仮想化技術「Hyper-V」およびサーバー仮想化の管理製品「Virtual Machine Manager 2008」によるソリューション検証で協業すると発表した。

 今回の協業では、CTCの技術検証センター「テクニカルソリューションセンター(TSC)」内に、検証用プラットフォームとして、インテルのXeonを搭載したx86サーバー「HP ProLiant DL360 G5」および「HP ProLiant DL380 G5」を配置。ネットワークスイッチなどをマルチベンダー環境で準備し検証を行う。

 3社は共同で、「HP ProLiantサーバ」、ストレージ製品群「HP StorageWorks」と、「Windows Server 2008」に実装された「Hyper-V」および「Virtual Machine Manager 2008」を組み合わせ、基本動作やキャパシティ、可用性などの検証を実施。これにより、サイジングデータの取得やシステム構築手法の確立を目指すほか、検証結果は、ホワイトペーパーとして10月に一般公開する予定。

 このほか、「Hyper-V」「Virtual Machine Manager 2008」デプロイメントマニュアル(構築ガイド)の作成や、サーバーの仮想化ソリューションの提供や共同プロモーションを実施。早期導入事例の獲得および事例の作成や、「Hyper-V」エンジニアの早期育成にも取り組む。

 さらに、CTCでは、同検証で確立したシステム構築手法を用いた「Hyper-V」ベースのサーバー統合ソリューションを、仮想化ソリューションのラインアップとして今秋から提供する。