業務ソフトウェア業界で、競合他社に先駆けて主力製品のSaaS(Software as a Service)型サービスを発売したピー・シー・エー(PCA、水谷学社長)の会計SaaSが動き始めた。8月下旬に販売管理と仕入・在庫管理がサービスインして、5月に公表したSaaSのラインアップが出揃ったことで、受注が加速する見通しという。同社では、長期的には保守契約を交わしている既存顧客(約17万5000ユーザー)の半数がSaaS型サービスへ移行すると予測しており、今後3年間で1万ユーザーの獲得を目指す。

 PCAは今年5月19日、中堅・中小企業向け会計ソフトなどを主力とする業務ソフトベンダーで初めて、SaaS型サービス「PCA for SaaS」の提供を開始した。製品としてはまず、会計、給与、公益法人会計を6月までにリリース。8月25日には、リリースが予定より1─2か月遅れて、販売管理「商魂」と仕入・在庫管理「商管」の2製品を発売した。

 「PCA for SaaS」は、同社が自前でデータセンターを借りて運用し、ブレードサーバー5台で構成したシステムである。当初はシステムのパフォーマンスを考慮して、160社限定で利用者を募る。水谷社長は「会計SaaSを希望する顧客は、それと一緒に販売管理を利用したいとの要望が強い。8月下旬に販売管理がサービスインしたことで、受注が急速に増加するだろう」として、早期に160社に到達すると見込んでいる。

 PCAが展開するSaaSは、既存のLAN製品と同水準の価格で提供し、従来通り販売パートナーに導入時のインセンティブと月額従量課金の一部をインセンティブとして提供する形の「販社モデル」だ。そのため、国内業務ソフトベンダーがSaaS事業を今後展開するうえでの“試金石”として、販売動向が注目されている。

 水谷社長は「当初、スタンドアロン版からの移行が多いと予測したが、ピアツーピア(P2P)版からの移行希望が増えている」と、予想と反する顧客の動きに驚いている。

 P2P版はサーバーが不要なため、グレードアップしたり遠隔地で1クライアントでも増やす場合、サーバーの新設が必要でコスト高になる。しかし、SaaS型サービスであれば、サーバーを新設する必要がなく、遠隔地でも利用が可能。そのため、P2P版ユーザーからの利用希望が増えているようだ。

 この先、同サービス用に設けた新たなパートナープログラム「PSCP(PCA SaaS Contact Partner)」に参加する販売会社を積極的に獲得していく。