ネットワンシステムズ(吉野孝行社長)は、「PCI DSS」の最新版「同 v1.2」に対応した「新PCI DSS準拠支援サービス」を提供開始した。

 「PCI DSS」の策定団体である「PCISSC」が、10月1日に公開した最新版「v1.2」に企業が対応するための支援を手がけるサービス。「v1.2」の主な変更点は、適用範囲や要求事項の明確化、準拠に関するレポートへの記載事項の明確化などで、新サービスはそれらをサポートする。

 ネットワンシステムズでは、今年4月にインテグレータとして国内で初めて「PCISSC」に加盟し、「v1.2」策定に関連する会議に参加していた。現行版「v1.1」が12月末日に無効となることで、09年1月以降は「v1.2」への対応が必須になることから、新サービスを積極拡販する方針。