日立システムアンドサービス(日立システム、三好崇司社長)は1月27日、ICタグと防犯磁気テープを併用した「書類管理システム」が、みずほ銀行(杉山清次頭取)に採用されたと発表した。3月下旬から、みずほ銀行審査部で正式に運用を開始する。

 「書類管理システム」は、日立製作所(古川一夫社長)の重要書類管理用ソフトウェア「重要書類管理システム」に、ICタグとして日立の非接触ICチップ「μ-Chip(ミューチップ)」と、図書館などで盗難防止用として多くの実績がある住友スリーエム(ジェシー・ジー・シン社長)の磁気テープ「タトルテープ感知マーカー」を組み合わせたシステム。

 これにより、膨大な重要書類の位置検索や保存期間、入出庫状況などがICタグで管理できるようになる。また、セキュリティゲートによって、より確実な利用状況の検知ができるなど、重要書類のセキュリティレベル強化だけでなく、書類の棚卸し業務や運用のさらなる効率向上も可能となる。

 日立システムでは、今後も日立と協力し、金融業界をはじめ、さまざまな分野に向けて、重要書類などの管理における高度なセキュリティの実現や、入出庫管理や棚卸しなどでの業務効率向上を可能とするICタグを活用したシステムの提案、導入を積極的に進めていいく考え。