OSDN(佐渡秀治社長)とKLab(真田哲弥社長)は3月16日、OSDNが運営する日本最大のオープンソース・ソフトウェアの開発サイト「SourceForge.JP」で、オープンソース・ソフトウェア開発者向け転職支援サービス「SourceForge.JP Career」を開始したと発表した。

 「SourceForge.JP」は、02年4月から運営を開始し、現在3500を超える開発プロジェクトと3万人を超える開発者が登録している。KLabでは、同社が運営するITエンジニアに特化した人材紹介サービス「KLabキャリア」の登録者層と、「SourceForge.JP」の相関性が非常に高いことから、今回、協業して「SourceForge.JP Career」を開始することにした。

 「SourceForge.JP Career」では、SourceForge.JPでオープンソース開発を行っているユーザーに対し、その開発能力を高く評価できる企業情報を提供する。これにより、高い開発能力を求める企業とオープンソース開発者のマッチングを図ることで、オープンソース技術者がより活躍できる環境を目指す。

 また、求人案件をKLabが提供することで、同サービス内で「KLabキャリア」への転職登録を行うことが可能となり、Wアドバイザー制度とプログラミングテストを中心としたサポートによって開発者の転職支援を行う。