HDE(小椋一宏社長)は3月31日、次世代メール統合プラットフォーム「HDE Mail Application Server(MAS)」を用いたソリューション「HDE Mail Application Serverソリューションシリーズ(MASソリューションシリーズ)」を発売すると発表した。

 「MAS」は、HDEが開発した次世代メール統合プラットフォームとなるミドルウェア。高性能なメール処理機能を備え、ビジネスプロセスにおいても十分な安全性・確実性をもってメールのコントロールを可能にする。今回、「MAS」を活用し、顧客の要望に合わせたメールシステムを構築する専任のソリューション部門を立ち上げ、導入支援、システム構築、カスタマイズを含むトータルソリューション「MASソリューションシリーズ」として提供を開始する。

 「MASソリューションシリーズ」では、「MAS」を利用して、短納期かつ低価格で顧客の要望に合わせたメールシステムの構築を実現していく。第1弾として、コンタクトセンター向けアウトバウンドメール配信ソリューションを提供する。これにより、社内のさまざまな部署から送信されるメールを一元的に管理することで、システムから送信されたメールの再送や、誰がいつどのようなメールを送信したのかの確認、メールの到達確認など行うことが可能となる。価格はオープン。