日立情報システムズ(日立情報、原巖社長)は、仮想PC型のシンクライアントサービス「VMSiCS」に、シンクライアント1台あたり月額9800円から利用できるセンターリソース提供型モデル「VMSiCS on BusinessStage」を追加し、6月9日に発売した。

 「VMSiCS on BusinessStage」は、ユーザーごとにデスクトップ環境やアプリケーションを利用できる仮想PC型の「VMSiCS」のメリットを生かしつつ、必要な時に必要なだけシンクライアントを利用できる柔軟性と、短期間・低コストで利用できる導入の容易性を兼ね備えたサービス。

 同社データセンター内に用意した仮想化されたITリソースを使うことにより、利用者の急な増減などにもスピーディに無駄なく対応でき、在宅勤務のIT環境を常に最適なパフォーマンスで利用できる。また、「VMSiCS」と同様、自宅や外出先のPCがシンクライアント端末として使えるUSB型のデバイス「PocketClient」も利用可能となっている。

 価格は、基本モデルの場合、シンクライアントPC1台あたり月額9800円。最低利用台数は10台から。