アプライドナレッジ(小島政行代表取締役)は、独iOpus Software GmbHとリセラー契約を締結、同社製品の「iMacros」を日本国内で販売開始する。

 「iMacros」は、ブラウザ操作の自動化やテストデータを抽出するツール。「Excel」のマクロのように、Webブラウザにマクロ機能を付加し、毎日のWebアクセスを自動化できる。また、抽出したWebデータを、各個人のメールに転送することもできる。

 さらに、「iMacros」を使って収集した情報を、アプライドナレッジのエンタープライズBlog&Wiki「TeamPage」にメール送信するスクリプトを自動実行することで、情報の収集、配信の自動化を実現する。情報の分析や情報をもとにしたコラボレーションなど、本来の業務に集中可能。

 今回のリセラー契約で、アプライドナレッジでは「iMacros」の販売だけでなく、国内のユーザーに対して日本語でのサポートも提供する。