アドバンスソフトウェア(山本一浩代表取締役)は8月25日、帳票ツールの最新版「VB-Report 7」を9月10日に発売すると発表した。価格は、1開発ライセンスが8万1900円、サーバーライセンスが21万円。

 「VB-Report 7」は、帳票ツール独自のデザイナ機能を新たに覚えることなく、使い慣れたMicrosoft Excelで帳票デザインを作成できる帳票生成支援コンポーネント。Excelで作成したデザインシートに対し、VB.NETや、C#のプログラム上から値を流し込んで帳票を作成する。実行環境にExcelがインストールされていなくても、帳票をプレビュー/印刷することができ、Excelがインストールされている環境では、Excel関数式や修飾機能を使い、より多彩な帳票を生成できる。また、帳票結果をExcelファイルに保存することも可能となっている。

 さらに、新しく追加されたコードデザイナを使用することで、Excelから目的のセルをドラッグ&ドロップで展開して差し込むデータや属性の設定をUI上で行うことができ、設定内容を元にソースコードを自動生成したり、付属のレポート作成ツールと組み合わせてノンプログラミングで帳票を作成することができる。このほか、サーバーアプリケーションでも使用できるよう同時に複数の処理要求にも対応し、PDF出力機能を備え、Web帳票作成にも柔軟に対応できる。