キヤノン(内田恒二社長)と米ヒューレット・パッカード(HP)は、印刷関連機器などオフィスソリューション分野でグローバルで協業する。

 キヤノンの複合機「imageRUNNER ADVANCE」シリーズと米HPの印刷関連ソフトおよびソリューションを組み合わせて販売。米HPの「マネージド・プリント・サービス」や傘下の米Electronic Data Syatemsが提供するソフトやサービス、キヤノンのサービスも融合させる。キヤノンは大手顧客に対する複合機の拡販を目指し、米HPはプロダクトポートフォリオの補強を狙う。

 今後は、オフィスのプリンティング環境を構成する入出力機器に互換性を持たせるほか、それぞれのネットワーク機器管理ツールである「Canon imageWARE Enterprise Management Console」や「HP Web  Jetadmin」などでも連携する。