NTTデータ(山下徹社長)は、09年から12年までの中期経営計画の一環として、グループ会社のNTTデータネッツとNTTデータフィットを統合した新会社「株式会社NTTデータ・フィナンシャルコア」を11月1日付けで設立すると発表した。

 NTTデータネッツは98年設立で、「ANSER」や「CAFUS」などの決済系システムの構築に強みを持つ。一方、NTTデータフィットは00年設立で金融機関の預金、為替および融資などの基幹システム構築に強みを持つ。両社の開発力とノウハウを集約・最適化することでシステム開発力を強化でき、金融機関向けビジネスを拡大できると判断し、今回の統合・新会社設立に至った。

 新会社の資本金は1億円で、NTTデータの100%出資で11月1日に設立する。従業員数は約510人で、本社は東京・千代田区丸の内に置く。