グレープシティ(馬場直行社長)は、Silverlightアプリケーションのサイズを最適化するソフトウェア「XapOptimizer 1.0J」を10月28日に発売した。

 「XapOptimizer」は、Silverlightアプリケーションのファイルサイズを最適化することが可能で、XAPファイルに含まれるアセンブリを自動解析し、使われていないクラスやXAMLリソースを削除することによりXAPファイルを最大70%削減する。

 また、クラス名を、意味のない文字列に置き換える難読化機能も備えており、リバースエンジニアリングを困難にする。開発時には、ファイルサイズを気にせず便利なコンポーネントを利用し、最終工程に「XapOptimizer」を使用することで、開発生産性の向上とパッケージのスリム化、知的財産権の保護を一度に実現できる。

 価格は、1ライセンス7万3500円。ダウンロード製品のみの取り扱いとなる。