京セラコミュニケーションシステム(KCCS、小林元夫社長)とKCCSの出資先であるインターナショナルシステムリサーチ(ISR、メンデス・ラウル社長)は11月4日、「Google Apps」に対応した添付ファイルセキュリティソリューション「Cloud Gate Secure Storage(Cloud Gate セキュアストレージシステム)」の提供において、年内に協業を開始すると発表した。

 ISRが8月にリリースした「Cloud Gate Secure Storage」は、通常であればGmailに添付するファイルを国内の安全なストレージサーバーに保存しておき、URLでファイルを参照できる仕組みを提供するサービス。これにより、メールサービス利用時のファイル送受信における強固なセキュリティを確保することができる。

 従来の「Cloud Gate Secure Storage」では、100GB以上のリソース(データ容量)追加を希望する場合には、顧客ごとに専用のストレージサーバーを導入する必要があったが、今回の協業によって、KCCSが展開する「オンデマンドストレージサービス」を利用して柔軟なリソース提供が可能となる。今後、「Cloud Gate Secure Storage」のユーザーは、専用のストレージサーバーを導入することなく、「オンデマンドストレージサービス」から必要な時に必要な容量を追加して利用できるようになる。