ウイングアークテクノロジーズ(ウイングアーク、内野弘幸社長)と日本オラクル(遠藤隆雄社長)は、ウイングアークテクノロジーズの帳票基盤ソリューション「Super Visual Formade」(SVF)とオラクルの中堅企業向け業務アプリケーション「JD Edwards EnterpriseOne」を連携させ、帳票開発の効率化ソリューションで協業する。

 今回の協業は、製造業や流通業、建設・不動産業、サービス業などで財務会計や生産管理システムとして導入実績がある「JD Edwards EnterpriseOne」から出力される帳票機能を「SVF」が補完するもの。基幹業務システムと帳票テンプレートの開発・印刷運用環境を、開発工数をかけずに構築可能になるという。

 両社は、既存のプリンタ資産を活用し、宅配便伝票印字に必要なドットプリンタへの帳票印刷やバーコード印刷、大量印刷などさまざまな帳票運用を業務システムと合わせ、統合的に提案していく考えだ。

 両社はすでに、スイッチを開発・製造・販売する日本開閉器工業(NKK)に導入実績があることを公表している。NKKは、グローバル化へ早期対応や企業の競争力の強化、受注生産から計画生産への転換による納期のスピードアップなどを図るため、「JD Edwards EnterpriseOne」を採用した。

 同時に、帳票システムの見直しとプリンタのオープン化を実施し、帳票システム基盤として「SVF」と帳票運用管理ツールと「Report Director Enterprise」(RDE)を連携させた。

 NKKは、各国で利用する既存プリンタ資産を活かした運用のほか、ストックフォームへの大量印刷や宅配伝票へのバーコード印刷など、業務で求められるさまざまな帳票要望への対応が可能になったという。加えて、短期・低コストの帳票システム開発、帳票運用のシステム化による業務効率向上などが図れたとしている。