日本オラクル(遠藤隆雄社長)と富士通(野副州旦社長)は9月16日、富士通の運用管理ソフト「Systemwalker Centric Manager」と日本オラクルの運用管理ソフト「Oracle Enterprise Manager」との連携を共同検証したと発表した。

 日本オラクルの「Oracle Enterprise Manager」は、システム内のオラクル製品で発生した問題を検知し、原因を分析・解決するソフト。一方、富士通の「Systemwalker Centric Manager」は、基幹業務システムの安定稼働させるための運用管理ソフト。

 今回、「Oracle Enterprise Manager」を使用して監視する「Oracle Database」と「Oracle BPEL Process Manager」、「Oracle Business Intelligence」などのオラクル製品が出す警告やエラーなどのメッセージを、「Systemwalker Centric Manager」のコンソール上に集約して表示するための検証を共同で実施した。

 オラクル製品や富士通製品を使用中または導入を検討中のユーザーは、「Systemwalker Centric Manager」と「Oracle Enterprise Manager」を併せて導入することで、ハードやOSの稼働状態や障害、リソースの監視だけではなく、オラクル製品の詳細な性能やリソース使用状況の監視、トラブル未然防止のための予兆監視など、ハードからアプリケーションまでの運用を低コストで一括管理できる。

 なお、今回の検証で、「Oracle Enterprise Manager」は「Systemwalker」の連携製品認定制度「Systemwalker Enabled」の「Advanced」認定を取得した。