帳票ソフトベンダーのウイングアークテクノロジーズ(内野弘幸社長)は11月2日、同日付けで持株会社体制に移行したと発表した。

 持ち株会社「1st(ファースト)ホールディングス」を設立し、ウイングアークテクノロジーズは同新会社の傘下に入る。持ち株会社の社長には、ウイングアークの内野社長が兼務で就任した。持ち株会社体制に変えることで、「ソフト開発と販売の連携性を強化できる」(同社広報)ことを狙った。

  1stホールディングス傘下には、ソフト販売のウイングアークのほか、グループ会社で帳票作成・出力ツール「SVF」開発のエフ・アイ・ティ、BIツール「Dr.Sum EA」の開発会社であるディジタル・ワークス、HITコミュニケーションズ、フォー・クルーおよびウイングアーク製品の中国での販売会社である文雅科信息技術(上海)有限公司が入ることになる。

 ウイングアークは、株式上場(IPO)を目指しているが「今回の体制変更は、IPOを目的とした変更ではない」(同)とグループ体制強化の一環であることを強調している。