IDC Japan(竹内正人代表取締役)は11月25日、2009年上半期(1ー6月)の調査をもとにクライアント仮想化ソリューションの市場規模分析結果を発表した。

 調査にあたってIDC Japanは、クライアント仮想化ソリューション市場を「PC」「シンクライアント」「携帯情報機器などのクライアントデバイス」「クライアント仮想化ソフト」「サーバー」「関連するシステム構築費用」と定めた。

 2009年の市場規模は1265億円で、2013年には3770億円に拡大すると予測。2008年から2013年までの年間平均成長率(CAGR)は27.5%とした。

 分野別でみると、クライアント仮想化ソフトは2009年上半期、26万ライセンス出荷され、2013年には124万ライセンスに増加する。2008年から2013年までのCAGRは61.8%と高成長を予測しており、2013年までの法人向けPC稼働台数の36.1%を占めるとしている。

 一方、シンクライアント端末の出荷台数は2009年上半期は約6万台で、前年同期比1.8%減と低迷した。ただし2010年後半からは回復基調で、2013年には34万台に増加し、市場は676億円に達するとしている。

 IDC Japanの渋谷寛・PC、情報端末&クライアントソリューションシニアマーケットアナリストは、「2009年は国内クライアント仮想化元年となった。2010年はクライアント仮想化がビジネス課題を解決するためのツールとして有効であることを試す重要な年になる」と説明している。

国内法人向けPCおよびシンクライアント稼働台数に対するクライアント仮想化導入率予測(出典:IDC Japan)