業務ソフトウェアベンダーの応研(原田明治社長)が、クラウドコンピューティングに参入する。同社で「特殊会計」と呼ぶ公益法人や福祉法人などに限られた領域で、同社パッケージをクラウド化して提供するとみられる。原田社長がBCNの取材で明らかにした。

 同社は「基礎開発チーム」を編成し、これまで継続してクラウドの技術研究を行ってきた。ただ、「技術面では研究が進んでいるものの、ビジネスモデルの確立が難しい」(原田社長)と、既存の販売パートナーと連携した一般企業向けクラウドの再販は、数年先になるようだ。「特殊会計」でのクラウド提供は「近く開始する」(同)と、来年初頭の開始を示唆している。