ソフトエイジェンシー(立岡佐到士代表取締役)は、米ATIアプライドテクノロジーと「QuickPhones」関連製品の販売パートナー契約を締結した。QuickPhonesでの販売パートナー契約は、日本で初めて。

 米ATIアプライドテクノロジーは、QuickPhonesブランドで、SOHOなどの小規模オフィスから数百人規模のオフィスにまで対応するIP電話システム用のSIP端末やWiFiフォン、VoIPゲートウェイなど、IP電話関連のソリューションを全世界で提供している。

 QuickPhonesの製品は、ソフトエイジェンシーが販売するIP-PBXソフトウェア「Brekeke PBX」との接続が可能なことから、IP電話システムで今後選択可能なSIP端末が増え、柔軟なシステム構築ができるようになる。