ソフトエイジェンシー(立岡佐到士代表取締役)は10月23日、IP-PBXソフト「Brekeke PBX」で、モバイル・テクニカ(金井孟代表取締役)のWiFiフォン(無線IP電話端末)である「MobbyTalk253」の利用を正式サポートしたと発表した。

 今回、「Brekeke PBX」が接続を正式サポートする「MobbyTalk253」は、SIPプロトコルに対応した日本製WiFiフォン。無線LAN環境での音声通話ができる。無線規格として「IEEE802.11b」を採用、暗号化方式には「WEP(64/128bit)」、「TKIP(WPA)」、「AES(WPA2)」に対応した。

 音声通信では、ジッターバッファやパケットロス補正の制御、無線LANのQoS制御に対応。連続待ち受け時間は180時間、連続通話時間は300分と、長時間利用が可能。保留ボタンと転送ボタンを独立して配置するなど、オフィスでの使いやすさにこだわった。