オリエンタルアーツ(北義弘代表取締役)は、自社が運営するオープンソースWebアプリケーション・フレームワーク「pirka(ピリカ)」の機能拡張を目的に、WEB画面やプログラムの雛形を作成するためのプログラミング支援ツール「pirka IOP(インターフェース指向プログラミング)-tool」をオープンソースとして、SourceForge上で2009年12月24日より公開した。

 pirka は、Webアプリケーション開発で標準となっている、HTMLとJavaだけで動作するプログラムを構築するオープンソースWebアプリケーション・フレームワーク。

 提供を開始した「pirka IOP-tool」は、業務アプリケーション開発業務(画面、帳票、バッチ、DBの作成)における項目とその処理内容の各種ドキュメントを正確に自動生成することで、開発業務の効率化を実現するソース自動生成ツール。プログラム実装担当者は単純作業から解放され、業務的な部分のプログラム実装作業に集中することができる。

 「IOP-tool」が生成するソースなどは、標準的なjava、HTML、SQLなので、一般的な知識さえ持っている技術者であれば、ツール導入のための学習コストがほとんどかからない。