ソニックウォール(マイク小池代表)は、ホームオフィスや小規模ネットワークに最適なUTM(統合脅威管理)アプライアンス「SonicWALL TotalSecure TZ 100シリーズ」の出荷を1月20日から開始した。価格は11万4000円(初年度の保守費用込み、税別)。また無線LAN(802.11b/g/n)対応の「TotalSecure TZ 100 Wireless」も、10年第2四半期の出荷開始を予定している。

SonicWALL TotalSecure TZ 100

 「TotalSecure TZ 100」は、従来の「TotalSecure TZ 180(10ノード)」の後継機種。サポート可能なノードの数が無制限になったほか、標準搭載OSをSonicOS Standard からSonicOS Enhancedへアップグレードした。また、UTMのスループットが2.5倍向上した。

 「TotalSecure TZ 100」と「TotalSecure TZ 100 Wireless」には、ソニックウォールが特許をもつディープパケットインスペクション(RFDPI)エンジンを搭載。 大規模ネットワーク向けのUTMにも採用されるアンチスパム技術「Comprehensive Anti-Spam Service(CASS)」と、ファイアウォール上でレピュテーション管理機能「Advanced Reputation Management」によって、クラウド上でベイズ解析を行う。また、ユーザごとの検疫も可能。アプリケーションの識別、帯域管理などの機能も提供する。