ソニー(ハワード・ストリンガー会長兼社長)は最大1万台の端末へのコンテンツ配信が可能なデジタルサイネージサービスを2月15日から開始する。

 始めるのは、インターネット経由でコンテンツを配信するASP型デジタルサイネージサービス。広告事業者向け「ASP Pro」と流通や飲食、文教、金融といった企業の販促や情報発信用向け「ASP Entry」を提供する。

 ユーザー企業はサーバーなどの投資が不要で、専用ディスプレイコントローラーとディスプレイを用意するだけで、インターネット経由でコンテンツ配信が手軽に行える。配信には、ソニーが持つ最大1万台の端末にコンテンツ配信が可能なデジタルサイネージサービスプラットフォーム「BEADS」を使用する。

デジタルサイネージのシステム構成図

 「BEADS」は、クライアント認証、改ざん検出、暗号鍵漏えい防止などのセキュリティ機能を備える。配信サーバーはソニーのデータセンター内に設置しており、オペレーションセンターで、24時間365日体制でのシステム監視・保守を行うことで安定したシステム運用を実現している。

 「ASP Pro」は広告事業者や広告代理店などが、離れた場所から同時に作業できるほか、広告条件、配信条件などのメタデータを管理できる仕組みを導入し、自動編成が可能。配信レポート出力機能も用意しており、再生結果などの配信ログを広告クライアントに提出することもできる。

「ASP Pro」の利用イメージ

 「ASP Entry」では初期の設定、編成作業をソニーが代行するため、利用企業はコンテンツの作成から配信まで簡単な操作で行うことができる。配信の用途や業種に合わせたテンプレートを用意しており、静止画やテキストを配置するだけでコンテンツ作成が可能。有料でオリジナルテンプレートも利用できる。本部からの一斉配信や店舗ごとに異なるコンテンツを配信も可能。

「ASP Entry」の利用イメージ

 ディスプレイコントローラー10台導入時のサーバー利用料は、ディスプレイコントローラー1台あたり「ASP Pro」が月額1万2600円、「ASP Entry」は7560円。料金にはアプリケーション利用料が含まれる。購入は1台から可能だが、ディスプレイコントローラー1台あたりの提供価格はシステム規模や台数により変動するため、個別に見積もる。

 このほか、導入時の初期費用や「ASP Entry」では編成作業費用が別途かかるほか、操作用コンピューターやディスプレイコントローラー、ディスプレイなどのハードウェアをユーザーが用意する必要がある。