日立システムアンドサービス(日立システム、林雅博社長)は、クライアントPCのセキュリティ対策や情報漏えい防止対策の運用を実現するエンドポイントセキュリティサービス「EdgeScreen(エッジスクリーン)」を2月1日からSaaS形式で提供開始した。

 「EdgeScreen」は、各クライアントPCのセキュリティパッチ適用、ウイルス定義ファイル更新などのセキュリティ対策状況の可視化、レポート化だけでなく、日立システムの監視センタからリモートで24時間365日のセキュリティ対策を実施する。SaaS形式として、1クライアントあたりの月額料金で提供するため、顧客は初期費用を抑えることができるとともに、顧客に代わって日立システムの技術者が管理を行うことで、運用管理にかかる負担を削減できる。

 価格は、エンドポイント情報取得サービスが月額735円、リモート対策管理サービスが月額1050円、セキュリティパッチ適用サービスが月額420円。同社では、中堅・中小企業や支社、営業所などの拠点などに向けて販売を行い、今後3年間で約5万クライアントの販売を予定している。

 なお、「EdgeScreen」は、三菱商事(小島順彦社長)がマスターパートナーとなっているエンドポイント統合管理システム「BigFix」を組み込んでおり、日立システムは、1月に三菱商事のグループ企業であるインフォセック(林簡社長)と「BigFix」の販売代理店契約を締結している。