日立システムアンドサービス(日立システム、林雅博社長)は12月25日、大規模システム開発向けの日本版アジャイルプロセスを、日立システムの標準開発基盤「COMMONDATION」の標準プロセスの一つとして検討開始すると発表した。

 日立システムでは、アジャイルプロセスが注目を集め始めた2002年から、社内システム開発を中心に評価してきたが、これまでアジャイルプロセスの適用は小規模システム開発が中心で、大規模システム開発にはウォーターフォールプロセスをベースとしながら、アジャイルプロセスの良いところ取りをしたブレンド型のプロセスを適用してきた。

 今後は、アジャイル開発とツールの世界トップクラス企業である米ThoughtWorks Software Technologiesおよび国内トップクラスのアジャイルプロセスコンサルティング企業であるテクノロジックアートとの連携も視野に入れた大規模システム向け日本版アジャイルプロセスを、標準開発基盤「COMMONDATION」の標準プロセスの一つとして採用することを検討する。

 同社では、日本版アジャイルプロセスをクラウドコンピューティングやユーザビリティなどのシステム開発に順次適用していくことで、効率向上を図れるものとみている。