日立システムアンドサービス(日立システム、林雅博社長)は1月21日、エース(森下宏明社長)の東京本社の新社屋に、社内ネットワークへの不正接続を防止する「オープンネット・ガード」とセキュアな無線LAN環境を構築できる「Arubaシリーズ」を併用した次世代モバイルネットワークを構築したと発表した。

 エースは、1940年に創業し、鞄やラゲージなどさまざまな鞄の製造や卸を行う国内シェア第1位の老舗企業。「第二の創業」と位置付けられた東京本社移転プロジェクトにおいて、365日24時間継続して情報システムを利用できる環境が求められていた。こうした中、使用できるPCを限定した上で、どこの場所からもアクセスできる無線LANを利用したネットワーク構築を検討したという。

 その結果、日立システムが自社の日立大森ビルに導入した無線LAN「Arubaシリーズ」を利用したネットワーク構築など、多くの導入実績があること、不正なPC接続を防止する認証サーバー「オープンネット・ガード」とアラクサラネットワークス製の認証スイッチとの連携で、認証の強化だけでなくネットワーク監視も実現できること、クライアントPCやIP電話において有線LANと無線LANを併用できることでオフィスの拡張性があること――を評価し、日立システムが提案したネットワーク構成を採用した。

 これにより、エースは、認証サーバーや認証スイッチ、無線アクセスコントローラ・アクセスポイントを冗長構成にすることで、365日24時間安定稼働するネットワークを構築した。また、Aruba Networksの無線アクセスコントローラ・アクセスポイントを天井裏に設置したり、机上のIP多機能電話の電源もネットワークケーブルから給電する方式を採用することで、配線が目立たないフリーアドレスオフィスを実現した。