東芝ソリューション(梶川茂司社長)は2月1日、ナレッジマネジメント支援ソフト「KnowledgeMeisteシリーズ」を用いたシステムを新日本空調(岡本隆裕社長)に納入し、「現場の見える化」システムとして2月から本格運用を開始すると発表した。

 「KnowledgeMeisterシリーズ」は、大量で多種の情報を多部門にまたがって共有・活用することで、知識化・体系化・可視化をサポートするナレッジマネジメント支援ソフトウェア。今回の「現場の見える化」システムでは、豊富な実績をもつ「KnowledgeMeister」の検索・文書管理機能や「KnowledgeMeister Succeed」のコミュニティ機能を利用して、技術情報の集約・周知の場となる「知恵袋」、解決したい問題の提示やアドバイスなどを自由に書き込める「技術の広場」、プロジェクトやテーマごとに問題発生や問題解決のプロセスを把握する「現場問題」を提供し、新日本空調の全職員がアクセスできるようにする。

 今後、東芝ソリューションでは、継続して新日本空調に文書の品質向上技術や対話型文書分類技術・文書関連性抽出技術などの機能を供給し、システムの利用向上を支援するとともに、この事例を生かして「KnowledgeMeister」を拡販していく。