東芝ソリューション(梶川茂司社長)は1月13日、顧客の課題解決を行う新たなクラウドビジネスに取り組んでいくと発表した。具体的には、これまでに蓄積したシステムインテグレーションノウハウをクラウドビジネスにも活用し、インテグレーションを中核としたクラウドサービスをメニュー化するとともに、特色のある自製アプリケーションのSaaS対応も順次行っていく。

 新たに提供するクラウドサービスは、クラウドの最適活用を企画/計画する「クラウドコンサルテーション」、アプリケーション構築基盤技術を活用した「クラウドアプリケーション構築」、仮想化・サーバー統合技術などによる「クラウド基盤構築」、クラウド環境の運用をサポートする「クラウド運用サポート」の4つで、これらのサービスを柱とし、トータルクラウドサービスメニューとして体系化した。これにより、導入検討フェーズから設計構築フェーズ、運用フェーズにいたるシステムライフサイクル全般において顧客の課題解決をサポートする。

 自製アプリケーションのSaaS対応については、同社の独自技術である日本語処理技術やXML技術を生かした情報活用機能、さらには人財管理ソリューションとして定評のある教育管理システム「Generalist/LM」など特色のあるものから順次SaaS化し、サービスを提供していく予定。