東芝ソリューション(梶川茂司社長)は7月21日、金融業界向けイメージエントリ・大容量ファイリングソリューション「Financial Space Manager」を発売したと発表した。

 「Financial Space Manager」は、東芝ソリューションが30年以上培ってきたOCRによる高速・高精度の「データエントリ技術」と、XMLデータベースによる様々な形式のデータを一元管理する「大容量コンテンツ管理技術」をベースとし、数億件規模の情報の高速・効率的な管理に最適なソリューションとなっている。

 金融業界のエントリ・ファイリング業務向けに、開発仕様・部品を共通化した「金融フレームワーク」を提供することで、短期間で効率的なシステム開発を可能とする。また、情報をデジタル化することにより、紙を動かすための労力やコストを削減(ペーパームーブレスソリューション)するとともに、運送や保管など、紙での管理の際に発生するCO2排出を削減し、業務効率化と環境経営を実現する。

 さらに、今後東芝ソリューションIT技術研究所が開発した「情報統御技術:inforester」を搭載することで、原本や複製したすべての情報を、電子データや紙などの媒体種別に拠らず、媒体を横断して情報追跡することができるようになり、情報資産管理の厳格化と管理業務の効率化が可能となる。

 同社では、金融業界を中心に本ソリューションを展開し、今後5年間で約50億円の売り上げを目標にしている。