NECとNECネクサソリューションズ(NECネクサ)は、2月15日、中堅・中小企業(SMB)に向けたサービス事業を共同で強化すると発表した。

 第一弾として、SaaS関連のSMB向けソリューションを拡充し、パートナー経由の販売を支援する200人規模の専門部隊を設置する。パートナー支援プログラム「NEC SaaSパートナープログラム」も新設し、パートナーとの連携体制を強化する。

 具体的には、NECとNECネクサ、販売パートナーがもつSMB向けSaaS型アプリケーションやサービス基盤、導入コンサルティングサービスなどを提供するSaaS型ソリューションを体系化し、順次メニュー化する。

 パートナーが保有するアプリケーションを、NECのサービス基盤を活用して提供できるように、NECやNECネクサが動作検証やセキュリティの技術支援を行うほか、パートナー同士のサービス連携も図る。

 ユーザー企業・団体向けには体験型の専用ポータルサイトを開設し、ユーザーが直接、主なSaaSアプリケーションのデモンストレーションを見たり、試行的にデータを入力したりできるようにする。第一弾として、2010年5月に「EXPLANNER for SaaS」のサイトを開設する。

 パートナー支援では、販売パートナーでSaaSを中心としたソリューションの開発や拡販を支援する専門部隊を、NECとNECネクサ合計で200人規模で2010年4月に確立する。また、「NEC SaaSパートナープログラム」を5月に新設し、契約パートナーに対してサービス運用全般に関する教育やコンサルティング、営業ツールやヘルプデスクサービスの提供などを行い、パートナーのSaaS事業早期立ち上げを支援する。