ワンストップクラウド――。大手SIerの大塚商会(大塚裕司社長)のクラウド戦略が明らかになってきた。自社データセンター(DC)と顧客のITシステムをクローズドネットワーク(閉域網)で直結。閉域網を“仮想的なプライベートクラウド”としてSaaSやBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)などを手がけるものだ。顧客のITシステムを丸ごと自らの仮想プライベートクラウドに取り込み、あらゆるサービスをワンストップで提供する“大塚式クラウド”のコンセプトである。同社の主戦場である中堅・中小企業をターゲットとし、今年5月から本格的に展開する。