日立システムアンドサービス(林雅博社長)は、「ハイブリッドインテグレーション」のメニューを体系化し、企業向けクラウドコンピューティングの4つのソリューションとして3月1日から提供開始した。

 同社では、顧客の情報システム部門に存在する既存システム(オンプレミス)とプライベートクラウド、パブリッククラウドを最適に組み合わせ、システム間をシームレスに統合するサービスとして、09年10月から「ハイブリッドインテグレーション」に取り組んできた。今回、このサービスをメニュー化し、「導入コンサルティング」、「クラウド・オンプレミス構築ソリューション」、「クラウド・オンプレミス統合連携ソリューション」、「運用アウトソーシング」の4つのソリューションを提供する。顧客は、ビジネスニーズに合わせて必要とするソリューションを選定することができる。

 これにより、これまでの企画/設計、構築から運用までをワンストップでのサービス提供に加え、従来型のオンプレミス開発からの移行、プライベートクラウドやパブリッククラウドと併用したシステム構築、日立システムまたは他社のアプリケーションの連携・統合などのソリューション、さらに顧客のシステム運用/保守を24時間365日でサポートするサービスを提供し、顧客システムの全体最適化を実現する。

 また、SaaSへの対応については、既存の企業知活用サービス、クライアントPCのセキュリティ対策や情報漏えい防止対策を実現する「EdgeScreen」などに加え、情報・知識共有基盤「InWeave」、文書管理「ラビニティ」、就業管理「リシテア」など、顧客ニーズの高いものから順次SaaS化し、サービスを提供していく。

 同社では、今後、「ハイブリッドインテグレーション」で提供するサービスメニューの強化を図り、13年にはクラウド関連のソリューションおよびサービス事業全体で約100億円の売り上げを目指す。