宝印刷(堆誠一郎社長)は2月22日、上場企業などのディスクロージャー支援サービス「X-Editor」と財務諸表をXBRL化するための「XBRLツール」の次世代システム提供基盤に、マイクロソフト(樋口泰行社長)のクラウドコンピューティングプラットフォーム「Microsoft Windows Azure Platform」を採用したと発表した。システム構築にあたっては、日立システムアンドサービス(日立システム、林雅博社長)が検証段階から技術支援を行った。

 今回のシステムでは、マイクロソフトがWindows Azure Platformに関する技術情報を提供するとともに、企業内システムとクラウドコンピューティングを最適に組み合わせる日立システムの「ハイブリッドインテグレーション」を適用し、企業システムをWindows Azure Platform上に構築するためのノウハウを提供。これにより、Windows Server上で動作する.NETベースの既存アプリケーションを短期間でクラウド上に実装した。

 09年8月から検証システムの開発を進めており、Windows Azureと、管理性に優れカスタマイズ可能なWindows Serverベースの自社運用システムを組み合わせたハイブリッド方式のクラウドシステムを構築することで、システム運用に関わるコストおよび工数を削減。さらに、処理量の変動に柔軟に対応したシステム資源の利用による効率的な運用を可能とした。これによって、「X-Editor」および「XBRLツール」は、従来どおり高いセキュリティを保ったまま、利用ピーク時のレスポンス改善など、サービスレベルの向上が可能であることを実証した。