日立システムアンドサービス(日立システム、林雅博社長)は、Amazon Web Services(AWS)のクラウド・ストレージ・サービス「Simple Storage Service(S3)」を、渋谷駅周辺で1月12日から実施しているエリアワンセグ実証実験の映像コンテンツを管理するストレージサービスとして採用した。

 従来まで同様のシステムでは、映像コンテンツを格納するストレージを、専用ディスク装置として購入またはレンタルし、顧客の設備またはデータセンターなどに設置する必要があった。今回、パブリッククラウドのAWS S3のサービスを用いることで、必要なストレージをネットワークを介して準備することが可能となった。

 AWS S3の採用で、初期コスト・運用コストを低減する。加えて、リソースが数分から数十分で利用可能となるため、システム構築・導入のスピード向上が可能。管理画面上でコンテンツの管理が実施できるため、システム管理の運用性や操作性を向上できるほか、複数のストレージをS3上に設定することで性能、信頼性も確保できる。

 同社では、今後もAWSの各種サービスと既存のインテグレーション、国内外の周辺技術を組み合わせたクラウドソリューションを順次提供していく考え。なお、今回のプロジェクトを契機に米Amazon.comとソリューションプロバイダプログラムを締結し、渋谷のエリアワンセグの案件を事例(ケーススタディ)として掲載する予定だという。