ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、本富顕弘社長)は3月4日、新しいセキュリティ・アプライアンス「WatchGuard XTM 5 Series」および「WatchGuard XTM 2 Series」を発売した。

 「XTM 5 Series」は、最大1500ユーザーの中堅エンタープライズ企業向けモデル。「XTM 2 Series」は、最大50ユーザーの中小企業および拠点向けモデル。両製品とも、次世代型UTM(統合脅威管理)ソリューションであるWatchGuard XTM(eXtensible Threat Management)OSを搭載し、容易な操作性で、企業のネットワーク、アプリケーション、データを強力に保護する。

 インテルベースのアーキテクチャを活用し、「XTM 5 Series」では、高速な2.3Gbpsのファイアウォール・スループットを実現。また、すべてのセキュリティ・サービス(ゲートウェイ・アンチウイルス、IPS/IDS、URLフィルタリング、迷惑メール対策)を利用している場合でも、800Mbpsのスループットを実現できる。

 「XTM 2 Series」は、小型サイズながら、優れたセキュリティ機能を備えており、最新のセキュリティ機能と統合脅威保護を実現したい中小企業や拠点に最適なソリューション。ワイヤレスモデルには、二重帯域802.11nなどのオプションがあり、より高度な反応性をもつ無線ネットワーク接続と範囲拡張を実現。2.4GHzや混雑度の低い5GHz帯域へのアクセスが可能となる。3つのダイレクトワイヤレスセキュリティゾーン(VAP)により、管理者は異なるユーザーグループがもつインターネットアクセス権限を個別に制御することが可能となっている。

 「XTM 2 Series」は、3つのモデル(XTM 21、XTM 22、XTM 23)、「XTM 5 Series」は、4つのモデル(XTM 505、XTM 510、XTM 520、XTM 530)をラインアップしている。下位モデルからのソフトウェアキーのみでのアップグレードも可能となる。