富士通システムソリューションズ(Fsol、杉本隆治社長)は、人事管理ソリューションのオールインワンパック「WebSERVE smart 人事ソリューションLite」を発売した。

 新ソリューションでは、「人事管理システムを導入したいが、高価で購入できないというユーザーの声に応え、人事システムの基本機能を低価格で導入できるようにした。従業員300人以下の中堅企業向けに、導入プロセスの整備とシステム機能の最適化を実施し、同社従来比で全体価格の約6割のコストダウンを実現した。

 同社社従来品と同等の機能および品質のシステムをハード・ソフトともに最小費用で提供する。また、通常約6か月(標準導入時)かかっていた導入期間を約半分の3か月に短縮。人事業務に精通したSEが導入から稼働までをすべてサポートするため、安心して導入できる。

 提供する機能は、人事基本業務の「社員情報管理」「退職者管理」「異動発令処理」「採用管理」「汎用検索」「組織改編処理」などの人事情報の基本データ管理をカバーし、業務効率向上を図ることが可能。

 さらに、初期導入の社員基本情報マスタの項目マッピングを同社が行うことで、ユーザーはデータの検証に注力することができ、導入時の作業負荷を軽減する。税別価格は300万円から。同社では、今後3年間で100セットの販売を目指す。