富士通(間塚道義会長兼社長)と富士通システムソリューションズ(Fsol、杉本隆治社長)は、1月19日、製薬会社などの臨床試験業務を支援するSaaS型管理システム「tsClinical」(ティーエスクリニカル)の販売を開始した。

 「tsClinical」は、新薬開発の臨床試験で必要となる症例データ(試験結果)管理のSaaS型システム。業務支援(Business Layer)、横断的マネジメント支援(X management Layer)、サービス/データ基盤(Foundation Layer)の3層構造となっている。今回は、第一弾として「Business Layer」と「Foundation Layer」を組み合わせたデータマネジメント業務サービスを提供する。

 ユーザーは、臨床試験ごとに導入していた症例データ管理システムの導入が不要で、臨床試験の早期実施やシステムのコスト削減、運用作業の負担軽減を図ることができる。

 具体的には、帳票出力機能や症例進捗管理機能、ユーザーアカウント追加サービス、XML化したデータのアーカイブサービスなどを揃える。臨床試験の支援業務サービスのベルシステム24は、先行して「tsClinical」を導入している。価格は、1試験で月額15万円から。販売目標は3年間で10億円。

「tsClinical」の概要