富士通(間塚道義会長兼社長)は、3月15日、紳士服販売大手の青山商事が稼働を始めた、RFID搭載ハンガーを応用したホイールシステムと連動する在庫管理システムを構築したと発表した。

 青山商事は、首都圏ビジネス強化のため、これまで店舗ごとに配置していた在庫の管理方法を見直し、在庫を千葉県の新センターに集約。業務の効率化やコスト抑制を図っている。その一環として、RFID搭載のハンガーを応用したホイールシステムを開発。さらに、在庫管理システムと連動させることで、在庫の一元管理と、店舗の情報をもとにした迅速な商品配送に取りかかっていた。

 富士通が構築した在庫管理システムは、青山商事の店舗と「千葉センター」をつなぎ、タイムリーな在庫確認・出荷を行うほか、日単位で各店舗へそれぞれのセットを配送することを可能にした。

 システムは、富士通のPCサーバー「PRIMERGY」とストレージシステム「ETERNUS」、統合運用管理ソフトウェア「Systemwalker」などで構成。2重化を含め、24時間365日の運用可能なICT基盤。