富士通エフサス(関根英雄社長)が、マイクロソフトと協業して機密情報保護・共有ソリューション「Rightspia for Secure Document」を開発し、4月7日に発売した。

 企業内の情報セキュリティ対策と利便性を両立した情報共有基盤の提供をコンセプトとするソリューションで、「メール基盤の保護」「情報共有の保護」「データ情報の保護」の3分野に着目した。

 Office文書の閲覧・印刷などの操作に権限を設定することで、機密文書の流出を防ぐ既存ソリューション「Active Directory Rights Management サービス(AD RMS)」へのアドオンソフトを開発。Office文書だけでなく、PDF文書にも対応する。

 文書の利用権限設定は、フォルダ単位でできる。利用権限設定済みのフォルダに文書を格納するだけで、自動的にファイルの権限設定・暗号化を行うので、利用者は簡単に機密文書を保護することができる。価格は4000円(1ユーザーライセンス)。2012年度末までに6万ライセンスの販売を目指す。

 マイクロソフトは、「AD RMS」の導入ノウハウや技術情報を富士通エフサスと共有し、マイクロソフトのセキュリティソリューション「Forefront」をはじめとする製品のトレーニングを通して、富士通エフサスのエンジニア育成を支援した。