IT調査会社のIDC Japan(竹内正人代表取締役)は、4月26日、国内の分野別IT市場規模予測データを発表した。

 10年の国内IT市場は前年比2.4%減の11兆2168億円と予測した。09年の実績は同10.1%減で、「下げ止まり傾向」にあると分析。また、11年以降にプラス成長に転じ、14年の市場規模は11兆4256億円とした。これらの予測により、09年ー14年の年間平均成長率(CAGR)は、マイナス0.1%と定めた。

 「ハード」「ソフト」「ITサービス」の分野別でみると、10年の市場規模は、「ハード」が前年比2.5%減の4兆1763億円、09年-14年までのCAGRはマイナス3.1%。14年の市場規模は3兆6685億円とした。情報システムの仮想化/統合化とクラウドの活用が進むことによって、長期的に縮小するとみた。

 「ソフト」は、前年比5.5%減の2兆628億円、09年ー14年までのCAGRはプラス0.7%。14年の市場規模は2兆2597億円とした。仮想化ソフトが市場をけん引するほか、BI(ビジネス・インテリジェンス)ツールや、データウェアハウス(DWH)関連ソフトを成長分野とみている。

 「ITサービス」は、前年比1.0%減の4兆9777億円。09年ー14年のCAGRはプラス1.8%。14年の市場規模は5兆4974億円とした。けん引役として、システムの仮想化/統合化やプライベートクラウドの構築、スマートグリッド/スマートシティを実現するためのシステム構築やサービスビジネスを挙げている。

国内製品別IT市場の投資額予測