日立システムアンドサービス(日立システム、林雅博社長)は4月27日、横浜銀行の総務システムと会計システムを統合した経営統合管理システムを構築したと発表した。

 横浜銀行の経営統合管理システムは、日本オラクルのERP製品「Oracle E-Business Suite」とディーバの連結会計システム製品「DivaSystem」を利用して構築したもの。3月18日から運用を開始し、順調に稼動しているという。

 横浜銀行では、会計基準・制度改正の対応や決算開示の早期化、内部統制強化などの課題に対応できるシステムを検討していた。今回、日立システムが提案した「Oracle E-Business Suite」と「DivaSystem」を核とした総務・会計・連結決算システムが、短期間かつ低コストで要望を実現できることや、日立システムのこれまでのシステム構築実績、今後の拡張性の高さなどを評価し導入に至った。

 日立システムは今後、国際財務報告基準(IFRS)適用に向けたソリューションを横浜銀行に提案していく予定。