日立ソフトウェアエンジニアリング(日立ソフト、諸島伸治社長)は、組み込みソフトウェア開発環境の管理・運用をクラウドコンピューティング技術で効率化する「クラウド型組込み開発環境ソリューション」の提供を、5月12日に開始する。価格は個別見積り。

 「クラウド型組込み開発環境ソリューション」は、従来、開発者のPC上に構築されていた組み込みソフトの開発環境を、クラウドコンピュータ上に集約するソリューション。人員の増減に伴う開発資産余剰・不足の低減や、ソフトのライセンス管理に関わるコストの低減、開発ツールのバージョンなど開発環境の統一などが可能となる。そのほか、開発機器を一か所に集約して複数拠点でのソフトウェア開発や、開発情報の漏えいリスクを低減することができる。

 具体的には、開発の時期に応じて増減する開発者数に合わせ、月ごとに必要な開発環境を増減することが可能になる。不必要な開発環境はいったん削除し、必要に応じて復活できる。さらに、すべての開発者にセットアップ済みの同じ環境を提供することで、環境構築の手間を省き、ツールのバージョンなど、環境不一致によるトラブルを防止する。

 セキュリティでは、ローカルPCに情報を残さないシンクライアント接続で、ソースコードや仕様書などの開発データをサーバーで一元管理。情報持ち出しリスクを軽減する。

ソリューション提供イメージ