富士ゼロックス(山本忠人社長)とセブン-イレブン・ジャパンは、5月12日から、セールスフォース・ドットコムが提供するSaaS型CRMサービス「Selesforce CRM」の文書保管領域に保管・共有した電子文書を、全国のセブン-イレブンのコンビニ店舗でプリントできるサービスを正式に開始する。

 富士ゼロックスの「ネットプリント」を介し、セブン-イレブンの1万2750店舗に設置したマルチコピー機(富士ゼロックス製カラー複合機)から文書類をプリントできるサービス。

 利用に必要なアプリケーションは、セールスフォースが運営する「AppExchange」から無償提供する。「SelesforceCRM」ユーザーは、これをインストールすればCRM上に「ネットプリント」機能が追加され、メニューから「ドキュメントタブ」に保管した文書を直接プリント指示できる。

 「SelesforceCRM」はSaaS型サービスで、利用者が外出先のパソコンからアクセスして利用でき、端末にデータを残すことなくセキュアにプリントできる。外出先や出張先で急に紙ドキュメントが必要な時に、最寄りの店舗で高画質にプリントアウトできる。

新サービスの利用イメージ