大塚商会(大塚裕司社長)は5月10日、上場企業向けに「IFRS導入支援コンサルティング」を5月11日から提供開始すると発表した。

 このサービスでは、業種を問わず、企業の国際会計基準(IFRS)の導入に際し、方針策定・分析計画、設計、導入、運用の4つのフェーズに分け、ITシステムの見直しも含めコンサルティングを実施する。まず方針策定・分析計画フェーズで、IFRS導入による影響の理解、各領域における具体的な対応の確定と優先順位づけを行う。これに基づき導入基本方針の策定などを行い、会計・財務、経営管理、業務プロセス、情報システム、人材育成などの領域における個別導入計画を立案する。

 IFRS導入の初期段階では、方針策定フェーズのみ実施し、その結果を受けてIFRS対応プロジェクトを立ち上げる方法も考えられるため、この方針策定フェーズを切り出したコンサルティングメニューも用意している。

 設計フェーズ、導入フェーズ、運用フェーズでは、個別導入計画に基づき、企業の状況に合わせたコンサルティングを行い、各領域における具体的な対応の確定やシステム導入などを効率よく進めていく。

 税別価格は、「方針策定フェーズ」が100万円から、「方針策定・分析計画フェーズ」が500万円から、「設計フェーズ」、「導入フェーズ」、「運用フェーズ」は個別見積りとなる。同社では、初年度で20社への販売を目標にしている。