ニュース

大塚商会、一般電球タイプの低価格LEDを世界に先駆け販売開始

2009/12/22 21:45

 大塚商会(大塚裕司社長)は12月21日、韓国FAWOO TECHNOLOGY(ファウ テクノロジー)社(劉泳豪代表理事)と協同で、価格を大幅に抑えた一般電球タイプのLED「Lumidas(ルミダス)-CLシリーズ」を12月22日から同社通販サイト「P-tano(ぱーそなるたのめーる)」、大手ネット通販「楽天市場」の店舗などで全世界に先駆けて販売開始すると発表した。

 「Lumidas-CLシリーズ」は、従来にないキャンドルのような細身のデザイン(直径53mm、長さ135mm)で高級感があり、既存の照明器具へのスムーズな取り替えを考慮したフォルムを採用。従来製品に比べ、光を広範囲に横方向にも明るく照らすという。また、通気性に優れた高効率空冷構造で放熱チューブ・反射チューブを内蔵しており、LED電球全体の放熱を考慮。消費電力は5Wと、一般家庭で使われる電球の8分の1から10分の1程度に抑えるとともに、一般の白熱電球に比べ約40倍の4万時間の寿命を実現している。

 家庭(ダイニング、玄関、廊下、階段、トイレ、サニタリールームなど)やホテル・レストランなどでも導入しやすく、また、様々なシーンで利用できるように白色系(PURE)、暖色系(WARM)の2種類を提供する。

 価格は、日本製LEDチップを使用しながら実勢価格より約2-3割ほど安い2380円。同社では、発売後1年間で10万本の販売を目標としている。

Lumidas-CLシリーズ(「白色系(PURE) LCL05-100/120VE26S(PND)」と「暖色系(WARM) LCL05-100/120VE26S(WND)」)

関連記事

大塚商会、09年度第3四半期連結累計期間の業績を発表

大塚商会、介護用品カタログ「ケアたのめーるvol.3」を発刊

大塚商会、「たのめーる」節目の年に開設記念キャンペーン

エコリカ、LED照明市場に参入、電球2種類発売し今後順次ラインアップ拡大

富士ゼロックス 海老名工場をLED拠点へ 100億円投じ技術工場に刷新

外部リンク

大塚商会=http://www.otsuka-shokai.co.jp/

「Lumidas-CLシリーズ」=http://www.otsuka-shokai.co.jp/led/

「P-tano」=http://www.p-tano.com/

「楽天市場P-tano」=http://www.rakuten.ne.jp/gold/p-tano/

おすすめ記事