インフォコム(吉野隆社長)は、完全Web-ERP「GRANDIT」のクラウド型ERPサービス「GRANDIT for Cloud」の販売を開始する。

 「GRANDIT for Cloud」は、完全Web-ERP「GRANDIT」の業務ノウハウのなかで、商社や卸売業、情報通信、サービス業などの業種に特化した機能を実装するクラウド型ERPサービス。同社のデータセンター(DC)に構築している仮想化基盤上で稼動する。プライベートクラウド環境を用意することで、「GRANDIT」の特徴であるカスタマイズ性を損なうことなく、安全で拡張性の高いサービスを提供できる。

 価格は、1法人あたり60万9000円(税込み、初期費用・ネットワーク利用料別途)。今後は、「GRANDIT」でリリースする予定の国際会計基準対応を含めた各種法改正対応や、機能拡張なども提供していく。

 「GRANDIT for Cloud」の販売は、インフォコムグループの中期経営計画(2010年3月期~2012年3月期)の重点分野に位置付ける「GRANDIT事業における継続的な製品強化により、品質向上と競争力強化を推進」と「データセンター事業におけるSaaS型事業立上げ」の方針に基づくもの。