IT調査会社のIDC Japan(竹内正人代表取締役)は、5月24日、2010年第1四半期(10年1~3月)の国内クライアントPC市場出荷実績を発表した。

 出荷台数は、前年同期比25.7%増の457万台で、とくにビジネス向けが前年同期比35.6%増の264万台と急伸した。IDC Japanでは、この要因を「『スクールニューディール構想』で約51万台の特需があり、教育市場は前年同期比256.7%増の73万台と大幅に伸びた」と説明している。また、一般企業向けも好調で、前年同期比7.6%増のプラス成長で、「金融危機のマイナス成長から脱し、回復傾向にある」(IDC Japan)という。

 家庭市場は、前年同期比14.3%増の193万台。法人向けと同様に前年同期を上回った。「Windows 7のタッチスクリーン機能やフルハイビジョンの地デジ、ブルーレイ搭載モデルが出揃って、値頃感が出てきたことが要因」(IDC Japan)としている。

 ベンダーシェアでは、上位5社の順位変動はない。トップはNEC(21.4%)で、以下富士通(21.1%)、東芝(10.6%)、デル(9.5%)、日本ヒューレット・パッカード(8.2%)の順で続いた。成長率は図のとおりだが、NECと富士通が「スクールニューディール構想」の影響でとくにシェアを伸ばした。

PCの国内出荷台数上位5社のベンダー別シェアと対前年成長率(出典:IDC Japan)