ネット関連ツール開発・販売のケリー・コンサルティング(皆藤朗代表取締役)は、ECサイトのページビュー(PV)増加およびコンバージョン(成約)率向上を図るパッケージツール「eco(エコ)」の販売を開始した。直販のほか、ECサイト構築に強みをもつWeb制作会社との協業体制の構築に乗り出した。

 「eco」は、ECサイトのSEO(検索エンジン最適化)とLPO(ランディングページ最適化)対策、独自技術を活用したレコメンドおよび検索エンジン、アクセス分析機能などをパッケージ化したツール。「ECサイトのPV増加と、閲覧者が商品購入や会員登録しやすくするために必要な機能をすべて備えている」(矢野貴裕・Webコンサルティング事業部執行役員)。価格は月額25万円で、「競合他社製品の半額以下で販売している」(同)という。また、操作方法などのトレーニングや問い合わせの対応は無償で行う。

 矢野執行役員は、「SEOやLPO対策ツールは多く存在するが、検索・レコメンドエンジンも含めたトータル提案をできるベンダーは少ない。自社開発であるため、柔軟でスピーディに対応できる点も強み」と優位性を説明している。中堅から大企業をターゲットにして直販のほか、ECサイトの構築で多くの実績をもつWeb制作会社と協業体制を構築して拡販し、2010年に100社のユーザー企業獲得を目指す。

 Webマーケティングサービスのアウンコンサルティングの調べによれば、SEO対策の国内市場規模は、2009年時点で163億5000万円。今後、中期的な成長が見込める分野で、13年には265億4000万円に成長すると予測している。

 ケリー・コンサルティングは、検索エンジン企業を経たメンバーなどが中心となって2010年1月に設立したITベンチャーである。(木村剛士)